Category Archives: 保険全般

教育資金の備えとしてこども保険

お子さんが幼稚園に入園してから、小学校、中学校、高校、大学と進学し、卒業するまでに、どのくらいの教育資金が必要か、ご存知でしょうか?その額、約1,000万円です。これはすべて公立で進学し、スムーズに進学した場合のことで、すべて私立であれば大体約1.5倍の教育資金がかかると言われています。途中で留年してしまったりするとそれ以上にかかることを考えると、お子さん一人あたり、マイホームと同額、場合によってはそれ以上の費用が掛かる計算になります。ということを考えると、お子さんの教育資金をどのように準備していくか、ということは大きな問題です。また、学校に通っている間、もしも働けなくなり、収入が得られなくなったときのことを考えるとゾッとすることでしょう。そうなった時のことを考えると、残された家族生活が不安定になるということはもちろん、お子さんの教育も満足に受けさせてあげられません。そういったときの為のリスクヘッジとして、こども保険があります。 こども保険はお子さんの教育資金を積み立てることを目的とした保険商品ですが、万が一のときの備えとしても使えます。契約者が死亡・高度障害状態となった時には保険金が支払われますので、これなら安心です。

Posted in 保険全般 | Leave a comment

貯金も出来るお得な生命保険

生命保険のデメリットといえば、死亡しないと掛け金が無駄になってしまうということにありますね。めったな事が無い限りは掛け金は戻ってきませんので、生命保険のことはお守り程度の認識に思っているという人も少なくないと思います。しかし掛け金が無駄にならないというプランの生命保険も保険会社は開発しています。それが養老保険という生命保険です。 養老保険とは、積立型の特徴をもった生命保険です。契約期間までに加入者が死亡しなかった場合は、満期の際に掛け金は全額返還されるのです。健康保険などの場合ですと、契約期間内の入院回数が多かった場合、積立金が全額返済されないという条件のものがあったりするのですが、生命保険は死亡が条件ということもあり、満期の際には必ず全額返還される事でしょう。また生命保険としての機能だけではなくて、計画的に行なえる貯金の手段としましても、養老保険は選ばれている方法なのです。 ただし養老保険といえども掛け金を滞納した場合は掛け金は減額されてしまいます。給料支給日に引き落とし日を設定するなど工夫しませんと、計画的な貯金方法にはなりませんので、養老保険の引き落としは計画的に決めて欲しいと思います。

Posted in 保険全般 | Leave a comment