海外不動産投資の投資先を選ぶポイント

海外不動産への投資もしっかり国を選ばないといけません。海外不動産投資の着地は将来的に不動産価格の上昇が見込めて、円高が解消された段階でキャピタルゲインと為替差益を得ることにあります。しかし、不動産価格の上昇が見込みづらい先進国へ投資しても大きなリターンは期待できませんから、しっかりと事前に情報収集する必要があります。

では、今後海外投資を行う上で、どのようなポイントに注目すればいいのでしょうか?
まず、インフラ整備が進む地域を選ぶことです。たくさんの人々が暮らしていけるように水道や電気、ガスなどのライフラインや道路などの交通網が整備されていけば、都市化は進んでいきますし、地価の上昇も期待できます。

あとは経済成長が見込める地域です。経済が成長することで一人あたりのGDPも伸びて、土地の生産性も向上しますので、地価は上昇します。

そして人口が増えるであろう地域です。地域が増える地域は、マンションやアパートなどの土地活用をする方も増えます。従って地価は上昇します。

このように3つのポイントを抑えておけば、今後将来的な地価上昇は期待できますので、海外不動産投資を行う際にはチェックしておくと良いでしょう。

不動産以外の投資手法を検討されている方には以下がお勧めです。
インフレや増税の対策にお悩みの方はこちら!
財産保全ノウハウを提供する事業のお知らせです。

This entry was posted in 投資・財テク. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>