Monthly Archives: 1月 2015

高値づかみのリスクを軽減させるドルコスト平均法

これまで投資経験のある方ならば、「高値づかみをして損してしまった」という方もいらっしゃることでしょう。高値づかみは「今が買い時!」と思って投資したものの、結果的にその後も値下がりしてしまい、その投資商品の価値自体が下がってしまったことを言います。もちろん、多くの投資商品はこれまでの傾向から言っても、値上がりと値下がりを繰り返す訳ですので、高値づかみをしてしまっても待ち続けることで、投資商品の価値を取り戻すことはできます。しかし、相場の値動きはなかなか読めるものではないものの、高値づかみをしてしまった時の気持ちは穏やかではありません。 そんな値動きのある投資商品へ投資をする際には、高値づかみのリスクはついて回ります。それならばそのリスクとは向き合いながら、精神的な負担をケアする方法で投資をすると良いでしょう。それがドルコスト平均法と呼ばれる投資方法です。 ドルコスト平均法は毎月決まった金額を定期的に買い続ける方法のことを言います。毎月買うということは価格が高い時も安い時もとにかく決まった金額分を買うので、非常に機械的な投資になります。ただし、毎回価格を気にしながら投資をすることがないので、投資の精神的ストレスを軽減させることができます。

Posted in 投資・財テク | Leave a comment