賃貸経営はリスクコントロールがしやすい

賃貸経営を用いた投資というものについて皆さんは考えたことがあるでしょうか?おそらく多くの人がそもそも投資自体を考えていない人であるかと思います。また、投資を行なっている人でも、不動産投資は対象外だ、という人も多いのではないでしょうか。では、賃貸経営による不動産投資というのはどういったメリットがあるのでしょうか?

まず一つに、急激な利益の損失というものが発生しにくいというメリットがあります。というのも、証券取引の場合には証券の価値がいきなり暴落する可能性があります。例えば株式購入を行なった株式会社が倒産すれば価値はゼロになります。ライブドア事件のように、大きな事件が発覚した場合には瞬時に価値が暴落してしまうという問題があります。

対して不動産の場合、そこまで唐突にその価値が失われるということはありません。マンション自体が倒壊してしまわない限り、その価値はある程度残り続けるということになります。入居者もいきなりいなくなることは考えられませんから、損益が出るとしても緩やかであり、その間にある程度の対処を取るだけの猶予があるということになります。

こういった点においてもリスクコントロールがしやすいというのがメリットとなります。

賃貸経営以上にリスクを抑えた運用手法もございます。
詳しくは以下をご参照ください。
アブラハムウェルスマネジメント株式会社の社長ブログ
ハイパーインフレや財政破綻、増税といったリスクに備えられます。

This entry was posted in 投資・財テク. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>