Monthly Archives: 11月 2014

教育資金の備えとしてこども保険

お子さんが幼稚園に入園してから、小学校、中学校、高校、大学と進学し、卒業するまでに、どのくらいの教育資金が必要か、ご存知でしょうか?その額、約1,000万円です。これはすべて公立で進学し、スムーズに進学した場合のことで、すべて私立であれば大体約1.5倍の教育資金がかかると言われています。途中で留年してしまったりするとそれ以上にかかることを考えると、お子さん一人あたり、マイホームと同額、場合によってはそれ以上の費用が掛かる計算になります。ということを考えると、お子さんの教育資金をどのように準備していくか、ということは大きな問題です。また、学校に通っている間、もしも働けなくなり、収入が得られなくなったときのことを考えるとゾッとすることでしょう。そうなった時のことを考えると、残された家族生活が不安定になるということはもちろん、お子さんの教育も満足に受けさせてあげられません。そういったときの為のリスクヘッジとして、こども保険があります。 こども保険はお子さんの教育資金を積み立てることを目的とした保険商品ですが、万が一のときの備えとしても使えます。契約者が死亡・高度障害状態となった時には保険金が支払われますので、これなら安心です。

Posted in 保険全般 | Leave a comment

賃貸経営はリスクコントロールがしやすい

賃貸経営を用いた投資というものについて皆さんは考えたことがあるでしょうか?おそらく多くの人がそもそも投資自体を考えていない人であるかと思います。また、投資を行なっている人でも、不動産投資は対象外だ、という人も多いのではないでしょうか。では、賃貸経営による不動産投資というのはどういったメリットがあるのでしょうか? まず一つに、急激な利益の損失というものが発生しにくいというメリットがあります。というのも、証券取引の場合には証券の価値がいきなり暴落する可能性があります。例えば株式購入を行なった株式会社が倒産すれば価値はゼロになります。ライブドア事件のように、大きな事件が発覚した場合には瞬時に価値が暴落してしまうという問題があります。 対して不動産の場合、そこまで唐突にその価値が失われるということはありません。マンション自体が倒壊してしまわない限り、その価値はある程度残り続けるということになります。入居者もいきなりいなくなることは考えられませんから、損益が出るとしても緩やかであり、その間にある程度の対処を取るだけの猶予があるということになります。 こういった点においてもリスクコントロールがしやすいというのがメリットとなります。 賃貸経営以上にリスクを抑えた運用手法もございます。 詳しくは以下をご参照ください。 アブラハムウェルスマネジメント株式会社の社長ブログ ハイパーインフレや財政破綻、増税といったリスクに備えられます。

Posted in 投資・財テク | Leave a comment

比較的に安定した資産形成ができるマンション投資

いま将来の不安を解消するために資産づくりを行なう人が多くいます。資産づくりにおいては、さまざまな方法があることから、失敗しない資産形成法を選ぶ必要があるといわれています。 いままで、日本では銀行の預金を使った資産形成が行われてきました。定期預金であるなら、高い利息が付くようになることから、資金づくりとして活用されてきましたが、低金利の今では、預金利息だけで満足できるような資金形成はできないといわれています。そこで、効率よく、高い利益が得られる資金形成を行なうには、投資がよいといわれています。 投資では、預金とは違って大きな資金を作りだすことができるようになります。しかし、投資であるなら少ない資金で利益を得ることができるようになります。資金や資産を失うような大きなリスクのある方法として知られていますが、投資でも比較的に安心して行なうことができる投資方法もあります。 不動産を活用したマンション投資は、マンションを賃貸として貸すことによって収益を得る投資法です。マンション投資は、比較的にリスクが少なく、安定した収入が得られることから、今後の資産形成の手段として活用されることが期待されるようになっています。 安定した資産形成に適したサービスを提供する会社をご紹介します。 高岡壮一郎氏のコメントも勉強になります 元本確保に特化した新会社について触れている経営者のブログです。

Posted in 投資・財テク | Leave a comment